【集団討論】どんなテーマでも評価される最強のコツ!練習方法も教えます!【公務員試験・就活】

モアイです。

公務員試験マスターです。

君を必ず連れていく。集団討論のその先へ。

ねこさん
なんだこの導入
いぬさん
せっかく実績があるのに、この導入で読者さん逃がしてるだろ

現役公務員の人事さんにも認められたこの方法!

今回は、公務員試験の集団討論で、どんなテーマでも評価される最強のコツをお教えします!

公務員試験の集団討論でどんなテーマでも評価される最強のコツを教えます!

さて、市役所や町村役場(いわゆるC日程)の試験が本格化してますね!

公務員試験は人物試験からが本番ですよ

人物試験は、大きく分けて

  • 面接試験(個人・集団)
  • 集団討論

があります。

そしてどちらもしっかりとした対策をすることで、得点は大きく上がります。

今回のテーマは集団討論。

  • あなたを他の受験生と差別化し
  • 「傾聴力」が評価されるようになり
  • 「発言力」も評価されるようになり
  • どんなテーマにも対応できる

最強のコツをお伝えいたします!

もちろんこのコツは民間の就職活動でも使えますよ!

ねこさん
早く!早く教えてよ!
  • 僕自身は、就職活動時に国家公務員一般職・地方上級・特別区Ⅰ類・裁判所事務官・労働基準監督官・国立大学法人等職員など、数多くの公務員試験に一発合格しました。(結局民間に行きましたが)
  • また、これらの試験の最終合格時の得点源は全て人物試験で、筆記が通れば100%最終合格しています。
  • その経験を活かし、公務員試験コンサルとして多くの人を最終合格させています。
  • 今は、人事として多くの採用や昇進を担当しています^^(つらい)
いぬさん
いいから最強のコツを教えて!

モアイが教える最強のコツを知って、集団討論を余裕で突破し、最終合格を目指しましょう!


公務員試験関連記事をまとめたページはこちら。
間違いないオススメ参考書籍もまとめています!

関連記事

モアイです。 公務員試験マスターです。 このページでは、公務員試験に合格するための記事・オススメ書籍をまとめています。 僕は、国家公務員一般職・地方上級・特別区Ⅰ類・裁判所事務官・労働基準監督官・国立大学法人等職員など[…]

随時更新していますので、このページは必ずブックマークしておいてください。

集団討論 最強のコツ!発言者の顔を見よう!

さっそく結論を書きました。

発言者の顔を見よう!

最強のコツはこれだけです。

ねこさん
えーっ!これが結論!?時間を無駄にしたよ!
いぬさん
意味がわからない!もっと有益な情報を期待したのに!

ご安心ください。

順を追って丁寧に説明していきます。

今回、かなり踏み込んで書いています。

読み進めていけば「発言者の顔を見よう!」というのが間違いなく最強のコツであることがお分かりいただけると確信しています。

1.集団討論(グループディスカッション)とは

そもそも「集団討論ってなに?どんな試験なの?」という方もいると思います。

まずは、集団討論とはどのような試験なのかを理解しておきましょう。

  • 5~12人程度の受験生でグループを組み、テーマを与えて受験生同士で討論させる人物試験
  • 受験生は、時間内にテーマに対してグループとしての結論を出す
  • 試験官は、その討論の様子や過程を見て評価する
  • 時間は、45~90分程度
  • 討論のテーマは、試験開始直前に教えられることが多い

近年、国や地方公共団体問わず、多くの試験種の二次試験で集団討論が行われています。

いぬさん
大きい組織・自治体でやらない所は無いくらいだね

2.集団討論の練習は、ほとんど誰もできてない!

まずは、集団討論の練習の現状について知りましょう。

安堵する
猫さん
現状って(笑)試験内容がわかれば、あとは練習をするだけ!楽勝!
気付く
いぬさん
集団討論の練習……「集団」の……ハッ

気付きましたね。

そうです。

集団討論は、読んで字のごとく「集団」で討論する試験です。

当然、本番に近い状況をつくろうとすれば「集団」が必要となってきます。

面接試験の練習と比べてみましょう。

  • 本番に近い状況:つくりやすい
  • 必要な人数:2人(受験生1人、面接官1人)
  • 必要な時間:短くできる(質問ごとに区切れる)
  • テーマ:想定しやすい(スタンダードが決まっている)
  • 練習の効果:再現性がある

とても練習しやすいですね。

特に、一つの質問に対して同じ答えを何度も繰り返し練習することによって、表現や内容はどんどん洗練されるので非常に効果があります。

人物試験に臨む人で、面接試験の練習をしない人はいないでしょう。

ねこさん
そ、そうだよ!だから集団討論も練習を重ねて……

一方で集団討論は、練習を行うこと自体が困難です。

  • 本番に近い状況:つくりにくい
  • 必要な人数:少なくとも5人(受験生4人、試験官1人)
  • 必要な時間:少なくとも30分程度(討論の様子そのものが試験なので、区切れない)
  • テーマ:想定しにくい
  • 練習の効果:再現性がない

特に、練習の効果の再現性は全くありません。

仮に本番に近い状況がつくれて、素晴らしい討論ができたとしましょう。

しかし、本番はテーマも違うし、メンバーも違います。

練習と同じクオリティを再現するのは不可能です。

いぬさん
えぇ……

また、テーマも想定できません。

以下は平成25年度東京都職員Ⅰ類Bの集団討論のテーマです。

・あなた達は都庁の都市交流担当である。
東京都は、A国の首都であるB市と姉妹友好都市として、新たに提携することとなった。
提携書への調印式は、B市の中心部に位置する大講堂で実施する予定であるが、その際に、東京都知事から「東京らしい風景」を3枚撮影した写真をパネルにし、友好の証として贈呈することになっている。
そこで、チーム内で議論し、どんな写真を撮影するかを考え、都庁内の関係者に説明することを念頭にホワイトボードにまとめなさい。

こんなの誰が想定できます?誰もできませんよ。

つまり集団討論は、人数や時間から練習すること自体が難しく、練習をしたとしても再現性がないのです。

独学で公務員試験対策をしている方はもちろん、大手予備校に通っていても練習できていないことがほとんどです。

そして実際、集団討論自体にはぶっつけ本番で臨むことになると考えてください。

ねこさん
初見殺しだね……
ゲーム好きな
いぬさん
ダークソウルかよ
※ダークソウル
フロムソフトウェアの「死にゲー」。
このゲームのクリアには、公務員試験合格くらいの達成感がある。

(合格したらみんなもやろう^^)

3.集団討論で司会はやる必要なし!小さなリターン&大きなリスク

改めて、集団討論の練習はできません。

そこで集団討論の対策としてよく聞かれるのが「積極的に役割を担おう」というものです。

まれに役割が事前に振られている場合もありますが、ほとんどの試験では、役割は自身で立候補することで与えられます。

役割とは、具体的には司会・書記・タイムキーパーなどです。

これらの役割には、つぎのような内容が期待されています。

  • 司会:討論を円滑に進め、深める。討論全体を統括する。
  • 書記:各受験生の発言を記録し、討論を固め、まとめる。
  • タイムキーパー:時間を適切に配分し、討論にリズムをつくる。

一見、これらの役割を積極的に担い、こなすことができれば評価は上がりそうですね。

しかし、役割はやる必要はないです。

ねこさん
バカな!他の受験生と差別化するためにやらなきゃ!
いぬさん
この積極性を評価しないわけがないよ!

という声が聞こえてきそうですが、役割をやったとしても差別化もできませんし、評価もされません。

試験官の立場で考えるとその理由がわかります。

  • 集団討論で評価したいのは、その人の「人物そのもの」で役割ではない。
    「役割を担った」というだけで20点も30点も加点されるようでは、人物試験としての意味をなさなくなる。
  • 役割を担った場合の特別な採点基準もない。
    採用試験として仕組みが複雑になりすぎるし、採点の公平性等を保つのが難しい。また、人事はそこまで時間を確保できない。
  • 役割は普通にこなせて当たり前、という感覚。
    討論慣れしている職員は、日々の職務で普通に自然と役割をこなしている。

仮に、役割をやることで加点される試験種があるとして、普通にこなせて100点満点中プラス3点程度です。

試験官に「このディスカッションの成功は司会のおかげだ!」と思わせるレベルで、プラス5点程度でしょう。

しかも、最近では「積極的に役割を担おう」という対策は横行しすぎています。

大手予備校でもアドバイスされますし、インターネット上でもよく目にする情報です。そんな対策は試験官もわかりきっています。

ねこさん
た、たとえ3点だとしてもやらないよりはやるほうが……

やる必要がない最大の理由は、二つ。

  1. 失敗するリスクが大きい
  2. 自己アピールする機会が減る

ということです。

役割を担うと、責任(期待)を負います。

討論がうまくいかない場合や誰かが暴走した場合に、それを適切にコントロールするのは役割を担っている人です。

そして、程度の差はあれ多くの受験生は暴走します。(いわゆるクラッシャー)

一人で話し続ける。テーマと違うことを話す。自分の主張を譲らない。語気が強くなる。泣くetc……。

はっきり言って、これらはコントロールできません。

いぬさん
日常生活でも無理だよ……

しかし、他の受験生や試験官はこう思っています。

  • 司会だろ?全部何とかしろよ……
  • 書記はあいつの論点がずれてることを指摘しなさいよ
  • タイムキーパーなのに、タイムキープできてないじゃん(笑)

他の受験生には軽んじられ、どんどん役割が果たせなくなります。

試験官には低評価をつけられ、場合によって不合格への致命傷となります。

また、割をやることで自己アピールする機会は確実に減ります。

討論している様子を見る試験なのに、討論へ参加する時間がなくなるのです。

司会はまだしも、書記やタイムキーパーが存在感を示すのは難しいでしょう。

自分の意見を一言も話せずに終わるケースは、多く存在します。

いぬさん
たしかに割に合わないかも……

リターンに比べてリスクが大きすぎるのです。

よほど自信がない限りは、役割はやる必要はありません。

ねこさん
そんな……どこでも「役割をやれ!」って言われてるのに

大丈夫です。

集団討論の評価のポイントは、役割ではありません。

4.メモを取るな!集団討論を失敗させる原因はこれだ!

よく「メモをしっかり取り、他の受験生の発言や討論の流れを確認しましょう」と言われます。

一見正しいことを言っているように見えますが、メモを取る必要はありません。

必要ないどころか、メモを取るという行為は集団討論を失敗させる原因です。

なぜなら、メモを取ると発言者の顔を見ることができないからです。

ねこさん
ついに「メモを取るな」とまで来たか……
いぬさん
発言者の顔が見られないからって何が問題なの?

人は会話をするときに、お互いの顔を見て話します。

これは意識する・しないではなく、会話をする際の大前提のようなものです。

あまりにも当たり前すぎて、普段はこの前提があることを意識していません。

しかしこの大前提があることで、

  • 話す側は「自分の話を聞いてくれている」と感じ
  • 聞く側は「自分に向かって話してくれている」と感じ

お互いに信頼することができます。

そして信頼があるからこそ、リラックスして深い会話ができるのです。

Name
うん、これはそうだね

ところが、聞く側が下ばかり見ていたら、話す側はどう感じるでしょう?

「この人は自分の話を聞いてくれていない」と不安や苛立ちが募ります。

自分が話している時に、友達が手もとのスマホばかり見ていたらどう思うでしょうか。

いぬさん
……嫌な気持ちになりました
嫌な気持ちになりますよね?

しかし集団討論では、「メモを取る」ことによって、知らず知らずのうちにお互いにそのような好ましくない態度を取り続けます。

お互いに無意識下で嫌な気持ちが募り続ければ、討論もメンバーの仲も深まりません。

そして集団討論は失敗、つまり不合格となるのです。

ねこさん
でも人数も多いし、メモを取らないと討論についていけないよ!

メモを取らなくても普通に討論はできます。

これは普段のあなたが証明しています。

ゼミやクラスで話すとき、必死になってメモを取らないと会話できないということがあるでしょうか?

そんなことはなく、普通に会話ができているはずです。

場合によっては2~30人で話すこともありますが、必死になってメモを取らなくても話の流れはつかめていますよね。

これは集団討論の試験の人数を大きく上回るものですよ。

いぬさん
あっ、確かに

逆に、メモを取ることに必死になると、内容を理解できません。

メモを取ることは理解することではないのです。

心を落ち着けて一字一字丁寧に書く写経であればそうかもしれませんが、矢継ぎ早に展開していく集団討論では、メモを取ることはむしろ理解の妨げです。

集中して話を聞く方がはるかに理解できるでしょう。

メモを取るのは、自分の心がちょっと動いたときだけで十分ですよ。「あ、今いいこと言ったな」「なるほどね、そういう視点もあるな」とか。

「人物試験」の「集団討論」と堅苦しい表現がされているせいで、みんな変に意識してしまい、メモを取ることに必死になっているのです。

集団討論とは、言い換えればただの「話し合い」です。いつものように話しましょう。

集団討論の評価のポイントは、メモを取ることではありません。

ねこさん
理屈はわかったけど、たかがメモでそんなに失敗する?
いぬさん
メモを取るとどんな風に失敗していくんだろう
では、よくある集団討論の失敗の経過を、受験生・試験官の目線で書いてみましょう。
  • 一人の受験生が発言する。
  • みんなメモを取るのに必死になり、下ばかり見ている。
  • 発言者は焦り、不安になる。
  • 発言者は早口になったり、主張したいことが言えなくなったり、パニックになることもある。
  • 他の受験生も、自分が発言者になると同じような事態になる。
  • 何となく嫌な空気になっていく。
  • 討論は深まらず、時間が迫る。
  • 司会の独断や多数決などで、無理やりに結論を出す。
  • みんなぐったり。
  • 挨拶も交わさずに解散。
いぬさん
やだ、地獄……
これは特殊なケースではありません。極めて一般的な討論課程です。
では続いて、試験官の目線で見てみましょう。
このような討論を見た時、試験官はどんなことを思っているかをわかりやすく書いてみました。
  • お、始まったな。
  • みんな下向いてる……発言者の話を聞けって。
  • 顔を上げてくれないと話しづらいんだよなぁ。自分だったら嫌だなー。
  • この子どんどん焦ってきてるな……。
  • 話し方が固くなってるし、話がずれてきてることにも気付いてない。
  • そうだよねー、メモ書いてると指摘もできないもんねー。
  • 空気が悪いから、みんなそんな感じになっちゃった。
  • 討論じゃなくて順番に主張をいうだけの場になっちゃってるなぁ。
  • あぁ、方向性もまとまらないまま終了時間になっちゃう……。
  • あー無理やり結論出したかー。
  • 討論してないのに、俺はこのグループの何を評価したらいいんだ(笑)
  • こんなメンバーとは一緒に仕事したくないな^^
ねこさん
地獄でした
いぬさん
一緒に仕事したくないとまで思われてるの!?

試験官が評価しているポイントは色々あります。

しかし、評価の本質は「その人と一緒に仕事がしたいか」という一点です。

これはとても重要なことですので、しっかり覚えておいてください。

次で詳しく解説します。

5.集団討論の評価のポイントを確認!一緒に仕事をしたい人とは

ねこさん
役割もだめ、メモもだめ……
いぬさん
一体なにが正解なのか……
集団討論の評価のポイント、その本質は「その人と一緒に仕事がしたいか」という点です。
集団討論を実際の仕事の場面に置き換えたときに、一緒に仕事をしたいと思えるようにすればいいのです。
集団討論を実際の仕事の場面に置き換えると、「会議」「打ち合わせ」です。
公務員は、大きな行政課題への対応から小さな日々の話し合いまで、日常的に会議や打ち合わせを行っています。
そしてその場面で、一緒に仕事をしたい人とは「話を聞いてくれる人」です。
話を聞いてくれる人がいると、会議や打ち合わせが非常に活発・スムーズになるのです。
ねこさん
発言力のある人やリーダーシップのある人の方が重要だと思うんだけど
もちろんそういった資質や能力のある人も必要ですが、それ以上に「話を聞いてくれる人」は欠かせません。
さきほど述べたとおり、お互いの顔を見て話すのが会話の大前提です。
そして、それは会議や打ち合わせならなおさらです。
誰かが話しているときに、下ばかり見ている人とは、一緒に仕事をしたいとは思えません。
話を聞かない人が発言力やリーダーシップを見せたとしても、それは仕事ができる嫌なヤツ」です^^
いぬさん
確かにそんな人とは働きたくないな(笑)
上記を踏まえ、集団討論の評価の話に戻しましょう。
まとめると
  • 集団討論は、会議や打ち合わせの場を模したもの
  • そこで一緒に働きたいのは「話を聞いてくれる人」
  • 話を聞いてくれる人がいると、討論が活発・スムーズになる
  • 話を聞かない人が頑張っても、一緒に働きたいとは思わないので評価されない

となります。

いぬさん
なるほど……
以上から、集団討論で評価をされる人とは「話を聞いてくれる人」と言えるのです。

発言者の顔を見よう!評価も視線もひとりじめ!これが集団討論最強のコツ!

集団討論で評価されるのは「話を聞いてくれる人」です。

そのために発言者の顔を見ましょう。

これが最強のコツです!

いぬさん
うーん、顔を見るだけで最強というほど評価されるのかなぁ

ものすごい効果がありますよ!

その場面を想像してみましょう。

10人で行っている集団討論を想像してください。

先ほどお伝えしたとおり、集団討論では、発言者以外はみんな下を向いて必死でメモを取っています。

そして、あなただけが発言者の顔を見て話を聞いています。

  • 他の8人の受験生が下を見ている中、あなただけが発言者の顔を見て話を聞く。
  • 発言者は安心する。聞いてくれる人がいることで、本当に言いたいことが言える。
  • あなたも、メモを取らなくても話がしっかり頭に入ってくる。
  • WIN-WIN!
ねこさん
おぉ!

そして、その様子を試験官はこのように見ています。

  • おぉ、1人だけ話をしっかり聞いているな。
  • あの受験生は傾聴力(話を聞く力)があるな。
  • 10点追加!
いぬさん
わぉ!

発言者以外に9人の受験生がいるのに、あなた1人だけが討論に参加しているように見えます。

発言者とあなたの2人だけ頭の高さが全然違うので、その様子はより強調されています。

役割をやらなくても、すでに他の受験生との差別ができています。

さらにあなたは、他の受験生が話す時も同じように顔を見て話を聞きます。

他の人が話せば話すほど、あなたの傾聴力はどんどん評価されていきます。

ねこさん
これはやりたくなる!
いぬさん
いや待てよ……傾聴力は評価されるけど、自分が話すときは顔を上げて聞いてくれる人がいないんだから、発言力は評価されないんじゃないの?
ねこさん
!?
いぬさん
しかも、他の人の話を顔を見て聞くことで、その人の発言力も評価されちゃって、結局あまり得点のバランスは変わらないんじゃないの?
ねこさん
おいおい……騙されるところだったよ!

そんなことはありません。

このコツは発言力も評価されます。

「ミラーリング」が影響してくるからです。

  1. 好ましいと思う相手の言動を、無意識にまねしてしまう効果
  2. 積極的に好ましいと思われる言動をすることで、相手のミラーリングを誘発できる

あなたは、全員の顔を見て話を聞いてあげることで、全員にとって「好ましい人」になっています。

すると全員があなたに対し無意識にあなたの真似をするのです。

つまり、あなたが話すときは、全員があなたの顔を見て話を聞くのです。

いぬさん
……!

その様子を試験官として見るとさらにすごいのです。

  • おぉ、傾聴力がある子が発言するな。
  • えぇー!全員が顔を上げて話を聞いてる!
  • 発言力もすごいな!10点追加!

こんな人材、ほしくないわけありません。

ねこさん
モアイさん、わたしはずっとあなたを信じていましたよ
ねこさんのように矛盾した発言や、極端におかしい意見を言わない限り、普通のことを言ってるだけなのに発言力がある人に見えるのです。
また「話すこと自体が少し苦手……」という方は、この本を読むことをオススメします。
伝えるための基本的で大切な方法がとてもわかりやすくまとめられています。

得点のバランスも見てみましょう。
  • 傾聴力:他の受験生の話を聞くと1点
  • 発言力:他の受験生に話を聞かせると1点

としたときの、他の受験生とあなたの得点は以下のとおりです。

  • 傾聴力:1点(あなたの話を聞いた分)
  • 発言力:1点(あなたに話を聞かせた分)
  • 合計:2点
  • 傾聴力:9点(他の受験生全員の話を聞いた分)
  • 発言力:9点(他の受験生に話を聞かせた分)
  • 合計:18点

ぶっちぎりの圧勝です。

実際の評価の基準はここまでシンプルなものではありません。

しかし傾聴力と発言力を示すこのコツは、「その人と一緒に仕事をしたいか」という評価の本質をとらえています。

いぬさん
本質は変わらないということは、つまり……

どんなテーマにも対応できるということです。

ねこさん
最強だった

7.公務員試験の集団討論!最強のコツの練習方法!

発言者の顔を見る、このコツの練習方法はとても簡単です。

  • 普段会話するときに、相手の顔を見る

これだけです。

ねこさん
それって別にいつもやってることだね
そのとおりです。
ただ、集団討論という試験本番になるとそれが出来なくなります。
なので、「集団討論でも、相手の顔を見て話そう」と日ごろから少し意識するようにしておくことが必要ですね。
いぬさん
うぅ……実は顔を見て話すのが苦手なんだけど
苦手意識がある人は、相手の鼻や首を意識して見てみましょう。
相手は、あなたがちゃんと顔(目)を見て話を聞いてくれていると感じますよ。
  • 距離が近い:相手の鼻を見る
  • 距離が遠い:相手の首を見る

「顔を見て話す」ことに苦手意識がある人は、相手の「目」を見て話していることが多いです。

実は、目を見て話すのは上級者のスキル。

目を見て話すのを、日常生活でも効果的にできている人はごく少数です。

鼻や首を見ることから始めて少しずつ慣らしていくことで、顔を見て話すことに苦手意識がなくなっていくので安心して練習してください。

ねこさん
練習がお手軽すぎる
いぬさん
練習ができないとは何だったのか
アイキャッチの微笑む女性の画像は、とても良いお手本です。
こんな表情で話を聞いてあげると最高ですね^^

まとめ!最強のコツ!

まとめましょう。

集団討論で評価される最強のコツは、「発言者の顔を見よう!」です。

  • 役割をやらなくても、他の受験生と差別化できる!
  • 他の受験生の話をしっかり聞いているから、傾聴力が評価される!
  • 他の受験生が話をしっかり聞いてくれるから、発言力が評価される!
  • 評価の本質をとらえているから、どんなテーマにも対応できる!
  • 普段会話するときに、相手の顔を見る
  • 苦手意識がある人は、相手の鼻か首を見てみる

ここまで読んでくれたあなたは、もうすでに他の受験生と差別化されています。

あとは実践するだけ。

最終合格は目の前です!

一緒にがんばりましょう!

読んでいただきありがとうございました!

以上っ!
モアイでした。


関連記事です。

勉強を頑張りすぎて、肌の状態は大丈夫?
実体験で徹底研究!効果抜群の最短ニキビケアをまとめました!

関連記事

モアイです。 ニキビが完全に消滅してから早数年が経ちました。 キレイな肌は最高です。 ねこさん いきなり自慢から始まってしまった いぬさん でも、ホントよかったね というわけで ニキビケア[…]

ヒゲや濃い体毛は第一印象を低下させる調査結果が明らかに……。
ムダ毛を処理して、見た目から面接評価を上げましょう!

関連記事

モアイです。 全身脱毛を済ませています。 このページでは、脱毛に関する記事をまとめています。 全身脱毛、完了済み! 全ての脱毛方法をやっています(医療レーザー、サロンフラッシュ、家庭用脱毛器、ニードル) […]

集団討論を含めて第一印象は超重要です。
自宅で簡単に歯を白くして、好印象を与えましょう!

関連記事

モアイです。 手軽に歯のホワイトニングがしたい! 自宅、歯磨き粉で簡単に! ちゃんと白くなる効果がある商品が知りたい! オッケーなるほど! それなら コルゲート「オプティックホワイト プラチナム […]

 モアイの公務員試験コンサル

ねこさん
お知らせ!

モアイは公務員試験コンサルを行っています。

  • 人物試験(面接・集団討論)と論文試験を中心に、公務員試験合格のサポートをしています。
  • 僕自身、国家公務員一般職・地方上級・特別区Ⅰ類・裁判所事務官・労働基準監督官・国立大学法人等職員などの試験種に一発合格しています。(結局民間に行きましたが)
  • これらの最終合格時の得点源は全て人物試験で、筆記が通れば100%最終合格しています。
  • その経験を活かしサポートを行い、これまでに数十人以上を合格させています。
  • 今は、人事として多くの採用や昇進を担当しています(つらい^^)
いぬさん
最後のカッコ内いる?
公務員試験の人物試験や論文試験は、なかなか相談や練習、対策ができません。
独学はもちろん、大手予備校でもしっかりとした対応はできていません。
  • 誰かに論文の添削をしてほしい(>_<)
  • 誰かに面接の練習に付き合ってほしい(>_<)
  • 誰かに公務員試験や公務員生活について質問したい(>_<)

このような悩みを抱えている方がとても多いのが実情です。

ねこさん
受験生は不安よな
モアイ、動きます。
今までお受けする依頼は、知り合いの紹介だけに限っていました。
しかし需要がかなり増えてきましたので、今後はネットからでも人物試験や論文試験の依頼をお受けします(*^-^*)
※こんな感じでやっています。
※このサポートイメージはLINEですが、今後はChatworkを使う予定です。
  • 誰かに論文の添削をしてほしい(>_<)
  • 誰かに面接の練習に付き合ってほしい(>_<)
  • 誰かに公務員試験や公務員生活について質問したい(>_<)

という方は、お気軽にモアイのTwitterのメッセージからご連絡ください。

一緒に合格を勝ち取りましょう!

そして公務員として、未来の日本を担ってくださいね(*^-^*)

(そして僕の住民税をこっそり下げてください)

ねこさん
何かボソッと言ってんぞ
いぬさん
どれだけ合格者を輩出しても税を下げるのは無理だから……諦めて
お気軽にご連絡ください(*^-^*)!

最新情報をチェックしよう!